日々のこと

Category Archives for 子どもに整理整頓を教育できない

 

4月になり、新生活を迎えられたた方も多いかと思いますが、

新しく環境が変化すると、何かとモノも増えがちです。

例えば・・・

・子供の学用品や衣類、新しい教科書や本

・スーツや制服などの衣類

・進学や就職で一人暮らしを始めた

・新しく始めた趣味や習い事のモノ・・・など

 

新しく増えたモノの指定席やお部屋の環境は整っていますか?

 

指定席のない状態だと、何処に片付ければいいのか分からない、常に出しっ放し、

何処に何があるのか分からない、片付けるのが面倒くさい・・・

といった状況になりかねません。

 

一度環境を整えたら終わりという訳ではなく、生活スタイルの変化や引っ越し、

子供の成長のタイミングなどに応じて収納を見直す事が必要です。

 

 

我が家も子供の成長のタイミングにあわせて、これまでリビング中心にあった子供のモノを

子供部屋に移動させて、新たに衣類の指定席と本棚を増やしました。

 

多すぎるモノを捨てることも大切ですが、必要なモノを機能的に収納する場所を設ける事も

大切です。

 

 

これから子供部屋の環境を整えたい、衣類の収納スペースを作りたい、

一人暮らしを始めてこれから新しく家具を購入しようかな?・・・など

片付けに困らないお部屋づくりのお手伝いをいたします。

子供部屋などの1部屋からの収納カウンセリングもお受けいたします。

 

 

詳しくは・・・

収納カウンセリング『4.部屋別2回コース』をご覧ください。

どうぞお気軽にお問い合わせください。

 

 

Category:いつも何かを探している, 子どもに整理整頓を教育できない, 日々のこと | コメントを投稿

 

お子さまの学習机はすぐに勉強にとりかかれる状態になっていますか?

 

・勉強にとりかかる前には、まずは片づけから始めないといけない

・勉強に必要な文房具をいつも探している

・文房具をすぐになくしてしまう

・勉強に必要のないものが机の上にあふれている・・・といった状態になっていませんか?

 

「ちょっと気になる・当てはまる」といった方は、まずは学習机の上から改善してみませんか?

 

勉強に必要なモノを取り出す際に、立ち上がったり、歩いたり、扉や引出しを開けるといった

歩数やアクション数が多ければ、勉強を始める前から面倒になってしまいます。

 

また、机の上が常にモノであふれた状態だと、まずは片づけをしてから勉強に取り組む事になります

のでムダな時間もかかります。

 

そうならないようにするためには・・・

学習机の上が、勉強する際に必要な文房具一式・教科書・ノート・辞書・よく見る参考書が

目の前にあれば「収納指数=0(歩数・アクション数が0)」の出し入れがラクな指定席になります。

*収納指数とは?

dsc01143

小さなお子さまでも学習机の上ならどこに何があるのか一目で分かりますし、使ったら戻す片付けも

ラクにでき、片付けやモノを大切にする習慣も身につきやすくなります。

 

また、併せて今使用している文房具もチェックしてみてください。

・書けなくなったペン

・短くなって書きにくくなった鉛筆

・切れ味の悪いハサミやカッター

・使い勝手の悪い質の悪い文房具

・勉強に必要のない文房具・・・など

使えない文房具、必要以上の文房具、使い勝手の悪いモノも面倒につながり片付かなくなる原因に

つながる可能性があります。

 

今まで学習机の上にあふれていたモノ、勉強に必要のないモノや使用頻度の低いモノにつきましては

別の場所に指定席を設けましょう。

 

まもなく始まる冬休み、親子で一緒に取り組んでみてくださいね。

Category:子どもに整理整頓を教育できない, 片付かないのは自分のせいだ | コメントを投稿

 

週末になると、学校や仕事が休みになる家族のために、掃除や洗濯、3度の食事作り

子供の習い事などやらないといけない事が沢山ありすぎて、せっかくの休日も十分に休めず、

自分のホッとする時間もなく過ぎていませんか?

 

a0001_001101

 

片づけた先からおもちゃを広げていく子供達、朝食の片づけが終わったと思ったらもう昼食の準備、・・・。

休日のたびにこのような状況だと、もう少しで始まる夏休みの事を想像するだけで憂鬱になってきますね。

 

こんな状況を少しでも改善するために、この機会に子供達やご主人さまも自分で出来る事は

自分で出来るような環境にしてみませんか?

 

例えば、食事の配膳や食べ終わった後のお皿をキッチンまで下げるお手伝いや、洗濯物をたたんでもらう、

モップがけや、お風呂掃除など・・・まずは簡単な事から少しずつ始めてみませんか?

また、普段家事をされないご主人さまとは一緒に食事作りを楽しんでみてはいかがでしょうか?

ご主人さまの好きなメニューや一緒にお酒を楽しむためのおつまみを作って、のんびり食事を楽しむのも良いですね!

 

初めは教えるのも大変なので自分でさっさと済ませる方が楽なのですが、徐々に出来る事が増えて

くると家事の負担も随分と楽になってきます。子供達も初めは上手に出来なくても、任されることで

大きな自信にもつながります。

大切な事は、手伝ってくれた際には必ず「ありがとう」の気持ちを伝えて下さいね!

 

家事を分担することで家事に追われていた週末も、家族や自分自身の時間に充てることができますので、

今まで忙しくてなかなか出来なかった趣味やレジャーを楽しむ時間にするのもいいですね!

また、家族が自分の事が出来るようになる事で自立にもつながりますし、万が一病気や急用ができた際にも

家族が代わりに対応することができます。

 

今の家の状況がもし、

・片づけようと思っても上手く片付かない

・片づけてもすぐに散らかる

・モノが多すぎてお掃除が大変

・家族の誰もが何処に何があるのかが分からない

・片づけの方法を教えたくても、どのように教えてあげればいいか分からない・・・など

 

なかなか家族にも家事を任せられない状況でしたら、この機会に収納カウンセリングをうけてみませんか?

ご家族やお住いの状況・ライフスタイルなどを把握しながら、暮らしやすい・家事をしやすくするための

収納改善のお手伝いをいたします。

一部屋からのご相談もお受けできますので、どうぞお気軽にお問合せ下さいね!

[お問合せ]

TEL  090-7625-5024

または→ カウンセリングメニュー

 

 

Category:子どもに整理整頓を教育できない, 日々のこと, 片づけしているのに全然スッキリしない, 片付かないことでストレスがたまっている | コメントを投稿

 

間もなくはじめる冬休みを前に、お子さまのお部屋は片付いていますか?

 

長期休暇の前には、普段学校で保管している「絵の具セット・書道セット・裁縫道具・ピアニカ」

学校で作った作品・学習が終わったワークブック・プリント等子供部屋に一気にモノが増えますよね。

 

それらのモノの指定席(モノの置き場所)はありますか?

 

子供部屋は「すぐに遊べる・勉強できる・着替えられる」

自分で片づけられる収納が子供の自立のためにも必要です。

 

処理済~s-s-_MG_8327

 

「片づけなさい!」とついつい言ってしまう前に「片づけやすい収納」になっているのか

一度見直してみて下さいね!

 

・お子さまに「○○○どこあるの?」とモノの場所を度々聞かれる

・いつも親が片づけばかりをしている

・自分自身が片づけられないために、子供の教育に不安がある・・・

といったお子さまの収納にお悩みの方は、どうぞお気軽にお問合せ下さいね!

 

収納カウンセリングメニュー

お問い合わせフォーム

 

Category:子どもに整理整頓を教育できない | コメントを投稿